暗黒の里のテッカグヤ使い

ポケモンの単体考察+調整案や、レート報告等をしていきます。

ユクシーの単体考察・調整【第7世代】

まずはいつもの調整から。
f:id:darkvillagerian:20181016195006g:plain
ユクシー@バンジのみ
特性:ふゆう
性格:しんちょう
努力値:236-4-100-0-68-100
実数値:180-96-163-×-174-128
技構成
ステルスロック/あくび/イカサマ/自由枠
自由枠
リフレクター/ひかりのかべ/3色パンチ/はたきおとす/とんぼがえり/おきみやげetc…
調整
H→4n HP45で木の実発動
HB→A特化ミミッキュのゴーストZを最高乱数以外耐える(84.4〜100.0%)
メガメタグロスアイアンヘッド確3(40.0〜47.2%)
A→端数
D→あまり
耐久目安:C特化メガリザYのオバヒを確定耐え(82.2〜97.2%)、補正なしコケコのフィールド込10万やC特化テテフのムンフォが確3
S→準速75族抜き

HD寄りにしましたが、最低限の物理耐久が欲しいと感じたのでHBをミミッキュのゴーストZを最高乱数以外耐えまで振りました。メガメタグロスアイアンヘッドを確3まで抑えれるので木の実とイカサマがあれば永遠に怯まされない限り勝つことも可能。ギルガルドなんかにもイカサマが刺さる可能性も。

カバルドンとの比較について

f:id:darkvillagerian:20181016195157g:plain

ステロ+あくびによる起点作りとして有名なカバルドン。ここではユクシーとの比較について紹介する。

ユクシーが勝つる点
・特殊耐久
・地面を空かせる

エスパー、かくとうの一貫を切れる

・砂ダメージなどで味方に余分なダメージを与えない。

・Sが高い(遅い挑発持ちの上を取れる)

・壁貼りも可能

・はたきおとすを覚える

・起点回避技を覚える(おきみやげ、とんぼがえり)

・(汎用性はやや下がるが)Zおきみやげで後続の回復が可能。

負ける点
・物理耐久
イカサマがあるとはいえ、全体的にカバルドンより火力が低い

・高速回復技を持っていない(カバルドンはなまけるを使える)

・砂ダメージを相手に与えられない

・フィールドの影響を受けられない

メガメタグロス性能について

f:id:darkvillagerian:20181016200505g:plain
無振りメガメタグロスならばイカサマで確2を取れる。相手のアイアンヘッドはこちらには確3なので木の実があれば後出しも可能な範囲。じしん読みで出せたらうまい。

性格について

調整欄には性格はしんちょうと記載していますが、特殊技搭載やイカサマ対策をするならおだやかにしてもいいと思います。その場合3色パンチの採用は起点回避にならないくらいの火力不足になるので見送られます。
補正なしAVのイカサマは乱4(24.4〜28.8%)
下降補正A0のイカサマは乱5(18.8〜22.2%)
特殊技を採用しないケースや対策が必要ないと感じた場合はこの欄はスルーで可。

相性のいいポケモン

積む事によって全抜き性能の高いポケモン

f:id:darkvillagerian:20181016200923g:plainf:id:darkvillagerian:20181016200957g:plain
ガリザードンやメガボーマンダなど。積んだら止まらないポケモンとは基本的に相性が良い。

ヒードラン

f:id:darkvillagerian:20181016201117g:plain
クレセドランをユクシードランにしてみただけだが相性補完に優れている。流し性能が高いのでステロも刺さりやすい。ユクシーと使う場合はどくまも型よりはニトチャを入れたものや拘りアタッカーなどがオススメか。

ギャラドス

f:id:darkvillagerian:20181016201629g:plainf:id:darkvillagerian:20181016201717g:plain
メガ前なら虫、メガ後にはゴースト、あくに対して強くなり、メガ後の格闘の弱点をユクシーが補完できる。龍舞による抜き性能も相性が良い。組む場合は電気の一貫(特に悪巧みを持った霊獣ボルトロス)ができるので地面枠は必須。バシャーモなんかにも注意。





起点作りのカバルドンが挑発ですぐ止まって使いづらいと思っているそこの君、ぜひともユクシーを使おう。